【新刊】『聖地会議16』 アニメが変えた秩父市の姿/中島 学*柿崎俊道

¥ 1,080

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 特別配送料(160円)

    全国一律 160円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

【新刊】『聖地会議16』 アニメが変えた秩父市の姿/中島 学*柿崎俊道

サイズ:A5、2mm

2017年、秩父市には多くの若い観光客で訪れている。アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、アニメ『心が叫びたがってるんだ。』の聖地巡礼をはじめとして、三峯神社の白い氣守、西武秩父駅前温泉「祭の湯」など注目の観光スポットが続々と現れている。
しかし、ここでふと思う。『あの花』というアニメが放送されるまで、秩父の町や観光地はどんな様子だったのか。
秩父市観光課でアニメ担当を務める中島学さんと『あの花』のビフォーアフターを巡る対談です。

・『あの花』がくれた変化
・アニメによる地域活性化とは
・ファンと秩父の絆
・作品愛とコミュニケーション、スタンプラリー
・たまり場
・中島さんの課題