【本屋発の文芸誌】『草獅子』(そう・しし)Vol.1

文学のたのしみを身近に
【本屋発の文芸誌】『草獅子』(そう・しし)Vol.1

A5判並製/236ページ
ISBN:978-4-9909283-0-8

・価格:1,800円+税
・送料は160円

【創刊にあたって】
双子のライオン堂は、文芸誌を創刊いたします!

本との出会いは、人との出会いに似ています。
出会い続けること、
受け取り直すことを続けるたびに、
新しい表情、新たな変化、
なつかしくて新しい世界が生まれてきます。

『草獅子』は、本屋発の文芸誌です。
書く人、読む人、本を届ける人の思いが、
草の根のように広がっていく、
土壌のような場所を作っていきます。

誰でも入りやすく、
出て行きやすい、
そしてまた訪れたくなる
「本屋」のような文芸誌を目指します。

【目次 公開!!】
特集 終末。あるいは始まりとしてのカフカ

カフカをめぐる綺想
辻原 登 フェリーニの都へ

室井光広 目的地と道
山城むつみ ユダヤ人でないカフカ
川島 隆 幽霊たちの文通――カフカの手紙/カフカへの手紙
頭木弘樹 マックス・ブロート礼賛

カフカ 逮捕――『訴訟』より 頭木弘樹訳
M・ブロート 無気味なもの 種村季弘訳

フランツ・カフカ年譜

カフカ・ブックガイド
辻原 登/室井光広/山城むつみ/川島 隆/頭木弘樹/
中澤達哉/暁方ミセイ/下山静香/丸川哲史/林 茂雄/大山アラン/
ストロングマシン2号/山中麻未/里谷百合/栗林佐知/村崎友里恵/鳥井隆洋/
須藤岳史/村松真理/寺田幹太


俳 句 井口時男 句帖から
短 歌 堀田季何 穴
詩  暁方ミセイ 生育される丘

絲山秋子の世界 掌編小説の宇宙
    絲山秋子 コノドント展
           寺院船
           主催者
           掌編小説を書くことをめぐって

小 説 村松真理 黄金の虎男
マンガ くれよんカンパニー 父の気がかり カフカ/原田義人訳

あの町、この書店 本屋アンケート名鑑
CHIENOWA BOOKSTORE/Title/H.A.Bookstore/ひるねこBOOKS/
弥生坂 緑の本棚/敷島書房/七五書店/とほん/PLUG books/スロウな本屋/
READAN DEAT/artos Book Store/ひとやすみ書店/ひなた文庫

入選エッセイ発表 私と本屋

論 考 仲俣暁生 「文学館」の危機から「文学」の未来をかんがえる
寄 稿 村形明子 枝を張る魂 ヘレン・ヴェンドラー『シェーマス・ヒーニー』増補改訂版に寄せて
連 載 荒木優太 柄谷行人と埴谷雄高 第一回「他者」のインフレーション

[書評]
室井光広『わらしべ集』 田中和生
高原英理『不機嫌な姫とブルックナー団』 佐藤康智
平野啓一郎『マチネの終わりに』 田口卓臣
東北怪談同盟編、東雅夫解説『渚にて あの日からの〈みちのく怪談〉』 山川 徹
L・P・デイヴィス著、矢口誠訳『虚構の男』 伊藤 聡
B・H・ウィンタース著、上野元美訳『世界の終わりの七日間』 吉川浩満
樺山三英『ドン・キホーテの消息』 廣瀬さとる
池澤夏樹編、川上未映子訳『日本文学全集13樋口一葉』 伊藤あきこ
吉増剛造『我が詩的自伝』 竹田信弥

[古典再読] 夏目漱石『文学論』  山本貴光
[食の随想] 鈴木謙介
[草 枕]  岡和田晃/谷口功一/海猫沢めろん/
       荻野直人/madoka/草野なつか/土肥寿郎

●双子のライオン堂だより
●執筆者紹介
●編集後記


表紙装画 大槻香奈「再製回路」
組版設計 中村圭佑(ampersandsInc.)

¥ 1,944

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 特別配送料(160円)

    全国一律 160円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。