<新刊>『鏡のなかのボードレール』くぼた のぞみ(版元:共和国) | 双子のライオン堂 書店

1/1

<新刊>『鏡のなかのボードレール』くぼた のぞみ(版元:共和国)

¥ 2,200 税込

¥ 10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

<新刊>『鏡のなかのボードレール』くぼた のぞみ(版元:共和国)

価格:2,000円+税
サイズ:四六変型判
ページ:212ページ

<概要>

現代詩の始祖にして19世紀最大の詩人、シャルル・ボードレール。その恋人ジャンヌは、カリブ海出身で白人と黒人の混血女性でした。著者のくぼたのぞみさんは、詩人がかの女に捧げた「ジャンヌ・デュヴァル詩篇」を中心に語り、それらを訳し直しながら、さらにノーベル賞作家クッツェー『恥辱』へと、その思索を開いてゆきます――まるで割れた鏡の断片に、ふたりの姿が映し出されるように。それらの詩篇は、本邦初の女性訳『悪の華』ともなっています。
また、かの女を主人公にしたアンジェラ・カーター(Angela Carter)の傑作短篇「ブラック・ヴィーナス」(Black Venus)も新訳で収録。ボードレールを《世界文学》として読みかえるための、とても贅沢な1冊になりました。 
新シリーズ[境界の文学]第1弾。

目次
01、コンスタンシアの葡萄酒より
02、エキゾチックな香り
03、髪と猫
04、日本語とジャンヌへの眼差し
05、鏡、あるいはジャンヌの瞳
06、鏡のなかのボードレール
07、ボードレールと日本
08、『悪の華』と翻訳──詩と抒情詩の違い
09、J・M・クッツェーのたくらみ、他者という眼差し
10、ボードレールになってみる

附録、ブラック・ヴィーナス by アンジェラ・カーター

あとがき

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 2,200 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品