〈新刊〉『いつかたこぶねになる日 漢詩の手帖』著:小津 夜景(素粒社) | 双子のライオン堂 書店

1/1

〈新刊〉『いつかたこぶねになる日 漢詩の手帖』著:小津 夜景(素粒社)

¥ 1,980 税込

¥ 10,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

別途送料がかかります。送料を確認する

〈新刊〉『いつかたこぶねになる日 漢詩の手帖』著:小津 夜景(素粒社)

サイズ:B6判、上製
頁:272ページ
価格:1,800円+税

〈概要〉

フランス在住の俳人・小津夜景さんがつづる、漢詩のある日々の暮らしーー

杜甫や李賀、白居易といった古典はもちろんのこと、新井白石のそばの詩や夏目漱石の菜の花の詩、幸徳秋水の獄中詩といった日本の漢詩人たちの作品も多めに入っていて、中国近代の詩人である王国維や徐志摩も出てきます。

巻末には本書に登場する漢詩人の略歴付。

目次
はじめに

いつかたこぶねになる日
それが海であるというだけで
釣りと同じようにすばらしいこと
虹をたずねる舟
翻訳とクラブアップル
とりのすくものす
タヌキのごちそう
おのれの分身と連れ添う鳥
あなたとあそぶゆめをみた
空気草履と蕎麦
屛風絵を旅する男
はだかであること
愛すべき白たち
はじめに傷があった
隠棲から遠く離れて
スープの味わい
イヴのできごと
海辺の雲と向かいあって
生まれかけの意味の中で
砂糖と試験管
紙ヒコーキの乗り方
春夜の一服
ベランダ暮らしの庭
文字の消え去るところ
鏡とまぐわう瞳
無題のコラージュ
ひょうたんのうつわを借りて
貝塚のガラクタたち
ファッションと柳
旅行の約束
わたしの祖国

おわりに

本書に登場するおもな詩人たち
漢詩出典
初出

(版元サイトより引用)

商品をアプリでお気に入り
  • 送料・配送方法について

  • お支払い方法について

¥ 1,980 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品