<新刊>『ジョージ・オーウェル 』(著)川端康雄(岩波書店)

<新刊>『ジョージ・オーウェル』(著)川端康雄(岩波書店)

サイズ:新書
価格:880円+税

<概要>

「反ソ・反共」作家のイメージから「監視社会化」に警鐘を鳴らした人物へと、時代とともに受容のされ方も変化してきたオーウェル。ポスト真実の時代に再評価が進む『一九八四年』などの代表作をはじめ、少年時代から晩年までの生涯と作品をたどり、その思想の根源をさぐる。危機の時代に、彼が信じ続けた希望とは何か。

<目次>

はじめに

第1章 植民地生まれの奨学金少年 1903-1921
第2章 イギリス帝国の警察官 1922-1927
第3章 パリとロンドンで落ちぶれる 1927-1934
第4章 葉蘭とディーセントな暮らし 1934-1936
第5章 北イングランドへの旅 1936
第6章 スペインの経験 1936-1937
第7章 ファシズムに抗って 1937-1939
第8章 空襲(ブリッツ)下のロンドンで生きのびる 1939-1945
第9章 北の孤島にて 1945-1947
第10章 『一九八四年』と早すぎた晩年 1947-1949
終 章 1949-1950

ジョージ・オーウェル略年譜
あとがき

人名索引/主要文献/図版出典一覧

(版元サイトより)

¥ 968

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 特別配送料(250円)

    一番安く迅速に届くサービスを使用します。

    全国一律 250円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する