〈新刊〉『海響一号 大恋愛』

〈新刊〉『海響一号 大恋愛』

判型:A5サイズ、並製
価格:1500+税
ページ:140頁

〈概要〉

本書は、小澤みゆき個人が発行・編集しているインディペンデントな文芸誌です。テーマは『大恋愛』。

海外文学を軸足としながら、創作、随筆、評論と様々な角度から「愛」について考えるという内容です。

さまざまなテキストを通して、わたしたちのそばにある愛を、改めて見つめるきっかけになれば、うれしいです。

海響舎 主宰・小澤みゆき (告知サイトより)

<内容情報>

第1部 創作
オマージュ創作
とある作家によせて、作品をよせていただきました。

「ひとひら」永山源(短歌)

「ストリング・カルテット」小澤みゆき(掌編小説)

短篇小説
恋愛をテーマに、さまざまな切り口で短篇小説を書き下ろしていただきました。

「古風な恋の物語」甘木零

「けだもの」太田知也

「夏の冒険」花大猫

「もどれない針」小澤みゆき

「プレゼンス・アブセンス」木花なおこ

「大恋愛」櫻木みわ

「血管腫」汐入憂希

「暮れ惑う秋」谷田七重

「火星の囁き」水原涼

第2部 特集「大恋愛」
主に海外の女性作家を紹介する特集です。

小澤みゆきによる、13名の女性作家の(恋愛)小説の紹介文と、匿名の13名の恋愛エッセイが対になっている、という構成です。

海外作家と、現代を生きる〈わたしたち〉の恋愛観が響き合う内容になっています。

「アン・ブロンテ」/「いつか大恋愛とよばれる日々について」

「ジーン・リース」/「大恋愛」

「マーガレット・ミッチェル」/「愛の生産」

「ゼルダ・フィッツジェラルド」/「『ショールの女』」

「ヴァージニア・ウルフ」/「窓」

「ウィラ・キャザー」/「帰り道のこと」

「キャサリン・マンスフィールド」/「葡萄の残り香」

「ルイーザ・メイ・オルコット」/「待ち望んだ瞬間の」

「カーソン・マッカラーズ」/「いつかのチケット」

「アンナ・カヴァン」/「無題」

「ヴィルヌーヴ夫人」/「ファントムペイン」

「ルシア・ベルリン」/「矛盾する」

「アンネ・フランク」/「恋は盲目」

おまけコーナー:おすすめ〈大恋愛〉映像作品

第3部 評論・随筆
愛を切り口に、さまざまな文章を書き下ろしていただきました。

「おれだってラヴソングは人並みに聴いてきた(四つのラヴソングとそのかんたんな解題)」imdkm

「デンマークのテレビ番組と作家トーヴェ・ディトレウセンの結婚生活」枇谷玲子

「海辺の歌と恋」雪田倫代

「芽吹くことなく死んでいく恋の種」李琴峰

「恋愛できない上方落語」神野龍一

「花は視線に復讐するーーIZ*ONEのカムバックに寄せて 」松本友也

「誰が「百合」を書き、読むのか」レロ/中村香住

「積読入門」根井啓

「延命するフェアリーテイル――実写映画『美女と野獣』における女性像」小澤みゆき

¥ 1,650

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 特別配送料(250円)

    一番安く迅速に届くサービスを使用します。

    全国一律 250円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する