<カードゲーム>「アメリカンブックショップ」(販売:2019年12月1日)

<アメリカンブックショップ>

本屋発のカードゲーム、テーマは「本屋と文学」、アメリカンブックショップの誕生秘話を描いた掌編小説付きで12/1発売!

<あらすじ>
“ぼくがアメリカで一番最悪な本屋で働いていたとき、クソッタレな店長が大切なトランプを没収しやがった。腹が立って、今度こそ奴にバレないゲームを、「本」を使ったゲームを用意したのさ。それが「アメリカンブックショップ」ってわけ。”

このゲームは、『罪と罰』『白鯨』『変身』『源氏物語』が描かれた「本」カードを使って遊びます。

4種類の「本」をたくさん集めることが目的です。

誰よりも多くの「本」を手に入れた人は高得点ですが、中途半端に集めてしまうとマイナス点になります。

4種類それぞれの数を競うので、どの「本」を集めるか作戦を考えることが大切です。

怖い店長にバレないよう「本の整理をしている」ように見せかけて遊びゲームですから、カードをプレイする時には同じ種類の「本」を出すように気をつけなくてはいけません。

最初の人がドストエフスキーを出したなら、あなたもドストエフスキーを出します。もしも、違う種類の「本」、例えばカフカなんかを出してしまったら、負けてしまいます。

勝負に勝って欲しい「本」を集めたり、上手に負けていらない「本」を押し付けたりしながら高得点を目指しましょう。

内容
「本」カード、ルールブック、小説「アメリカンブックショップ」

ゲームデザイナー:新澤大樹(サークル倦怠期)
アートワーク:中村圭佑、平本春香(ampersands)
ロゴデザイン:くれよんカンパニー
小説:竹田信弥
企画:田中佳祐
発行:双子のライオン堂 書店

2019年秋ゲームマーケット会場での受取予約希望の方はコチラ
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSefLbBTAYALdEH8M6hJiWro9rJQXDCFlIAkRX7sh3_VKN0CEg/viewform?vc=0&c=0&w=1

<発送日>

2019年11月25日(土)

¥ 2,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 特別配送料(210円)

    一番安く迅速に届くサービスを使用します。

    全国一律 210円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

通報する