<新刊>『街灯りとしての本屋』著:田中佳祐、雷鳥社(発売日:2019年7月31日)

<新刊>『街灯りとしての本屋』田中佳祐(雷鳥社)(2019年7月31日予定)

予価:1600円+税
仕様:A5判/並製/160ページ

<購入特典>
・著者のサインが欲しい方は、備考欄にお書きください。(ちょっとお時間をいただく可能性があります。)

<概要>

あなたの街のある小さな本屋さんは、こんなにも面白い

本屋をはじめるには?
本屋を続けるには?

本に魅せられ、小さく小さくはじめた街の本屋11店舗の店主が、
具体的な事例を交えながら、これまで、そしてこれからのことを語ってくれます。

巻末には、開業までの流れ、物件の決め方、仕入れ、プロモーション方法、
参考資料などQ&Aでまとめたノウハウが満載。

本屋をはじめてみたい人、本屋が好きな人、読書が好きな人に向けた一冊です。

<掲載店舗>

掲載店舗
えほんやなずな(茨城・つくば)
クラリスブックス(東京・下北沢)
敷島書房(山梨・甲斐)
書肆スーベニア(東京・向島)
せんぱくBOOKBASE(千葉・松戸)
ひなた文庫(熊本・阿蘇)
双子のライオン堂(東京・赤坂)
Cat's Meow Books(東京・世田谷)
H.A.Bookstore(東京・蔵前)
Readin' Writin'(東京・田原町)
SUNNY BOY BOOKS(東京・学芸大学)

著者:
田中 佳祐(たなか けいすけ)

本書執筆担当。
東京生まれ。ライター。たくさんの本を読むために、2013年から書店等で読書会を企画。
編集に『草獅子』『しししし 宮沢賢治特集』『しししし ドストエフスキー特集』(双子のライオン堂)。
好きな作家は、ミゲル・デ・セルバンテス。


構成:
竹田 信弥(たけだ しんや)

本書構成担当。
東京生まれ。双子のライオン堂店主。文芸誌『しししし』発行人兼編集長。
共著に『これからの本屋』(書誌汽水域)、『まだまだ知らない 夢の本屋ガイド』(朝日出版社)など。
好きな作家は、J・D・サリンジャー。

¥ 1,760

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 特別配送料(210円)

    一番安く迅速に届くサービスを使用します。

    全国一律 210円

※10,000円以上のご注文で国内送料が無料になります。

通報する